レビトラの効果の特徴

病院の椅子

レビトラは、国内2番目に認定されたED治療薬です。
ドイツに本社を置く企業で、製造や販売を行っています。
レビトラは、水に溶けやすく即効性がある点で、空腹時であれば20分程度で効果を実感することができます。
これは、水に溶けやすく即効性がある点ではシアリスと同じですが、空腹時の即効性に関してはレビトラに勝るものはありません。

また、ED治療薬は食事の影響を受けやすく、食事と併用することで効果が半減してしまうこともあります。
しかし、レビトラには食事の影響を受けにくいこともあって、空腹時に服用していた従来のED治療薬とは大きな違いがあるのです。
ただし、ラーメンなどのカロリーが大きいものは影響を受けることもあるため、脂分が少ないラーメンを選ぶなどして工夫すると効果は期待できると言えるでしょう。
そしてレビトラの持続時間については、10?で約5~6時間持続することができる治療薬でもあります。

初めて服用する方は、効果をなかなか実感することができないという方も少なくありませんが、数回服用することで徐々にその効果を発揮することができるでしょう。
中でも、レビトラの勃起時の硬さは他の治療薬とは異なり、持続時間に関しては少なく感じる方もいますがその硬さは一番だと言えるでしょう。
このように、たくさんの良い面があるレビトラですが、副作用が気になるという男性も多いのではないでしょうか。
たしかに、レビトラには顔のほてりや目の充血などの副作用がある場合があります。

これは血管膨張作用によるもので、効果が現れたサインだと考えている男性も多くいます。
そのため、あまり気にするほどのものではありません。
年齢とともに、多くの男性が悩まされるEDですが、近年ではストレスなどにより若い男性でもEDが見られることがあります。
恥ずかしいことだとなかなか相談することができずに一人で悩んでいる方には、レビトラはおすすめの治療薬だと言えるでしょう。

レビトラの副作用について

レビトラはシアリスと同じく即効性が高いことで有名で硬さを維持することが可能ですが、レビトラは高い効果を現す反面いくつか副作用があります。
通常のED治療薬のように顔のほてりや目の充血などがあり、これはレビトラに含まれている血管拡張作用が原因です。
服用していると顔が火照ったり白目が充血したりすることはよくありますが、それほど心配するものではありません。

他には頭痛や動悸・鼻づまりなども現れることがあり、特に頭が重くなるようなことがあります。
血管拡張作用が引き起こしていて、そのほとんどは性行為において支障のない程度であるとされています。
特に頭痛が気になる場合は頭痛薬などの市販の痛み止めを一緒に服用しても問題ないと言われています。
レビトラが作用する4時間~6時間の内に起こることが多く、その後は次第に治まるのであまり気にする必要はないでしょう。

但し、レビトラが作用している間に車を運転したり、高い場所で作用するなどの危険な行為は避けるべきだと言われています。
運転中の事故などに発展しかねない状態が発生するケースもあるので、念のため服用には注意が必要です。
レビトラの添付文書には臨床試験でのめまいや視覚障害などが発生したという事例があると記載されていて、例えばめまいは1%~10%未満、視覚障害は1%~0.1%未満の確率で引きおこるとされています。
高い数字ではありませんが、万が一のことを考えて控えておく方が良いでしょう。

特に硝酸剤を使用している人は、レビトラを服用すると血液低下が起こり大変危険な状態になります。
飲み薬はもちろん貼り薬や塗り薬など、硝酸剤が含まれているタイプを使う場合もレビトラの使用は禁止されています。

関連記事