• ホーム
  • レビトラの正しい服用方法とは

レビトラの正しい服用方法とは

考える男性

現在日本では3種類のED治療薬が認可されていますが、レビトラはその中でも2番目に認可を受けています。
2004年から病院で処方箋を交付してもらうことで入手できますが、薬局やドラッグストアでは入手することができません。
レビトラの最大の特徴は、その即効性と食事の影響を受けにくいといった点です。
また、即効性が高いことで、勃起の強度にも大きなメリットをもたらしています。

即効性の面では、服用から20分程度で作用が現れ始め、40分から50分程度で最高血中濃度に達します。
また、食事については700kal程度であれば、直後に服用しても影響をあまり受けません。
700kcalといえば、一般的なミックスサンドイッチ程度であれば十分にクリアできますので、簡単な軽食程度であれば問題ありません。
因みにアルコールの摂取も問題はなく、むしろ気分をリラックスさせるには、少量のアルコールは有効です。

これらのレビトラのメリットを最大限に発揮するためには、正しい服用方法を守ることが大切です。
まず、用量について、レビトラは有効成分であるバルデナフィルの含有量によって5mg、10mg、20mgの3種類があります。
病院で処方された用量を守ること、次の服用までは必ず24時間空けることが大切です。

思ったほどの作用が実感できないからといって、むやみに用量を増やす人がいます。
劇的な変化は望めないどころか、健康被害を引き起こすリスクが高まりますから危険です。
こういった場合には、出来る限り空腹時に服用することをおすすめします。
レビトラは食事の影響を受けにくいED治療薬であることは間違いありません。
食事の内容は脂質分を極力抑え、できる限り空腹時に服用することで、即効性をさらに発揮できますし、勃起時の硬さも強力となります。

服用のタイミングとしては、最高血中濃度の到達点から逆算すれば50分前となりますが、個人差もあることから、少し余裕をもって1時間前を目途に服用することをおすすめします。
また、レビトラの持続時間は20mgであれば8~10時間程度です。
最高血中濃度がずっと続くわけではなく5時間程度で半減期を迎えます。
したがって、半減期を考慮して持続時間の前半に性行為を行うこともレビトラのメリットを最大限に引き出す方法の一つです。

レビトラの用量に違いはある?

レビトラには5mgと10mg、20mgの3種類が存在します。
病院でED治療を行う場合には、主に10mgか20mgが使用されています。
10mgや20mgをピルカッターで割ることで代用できるため、5mgはあまり使用されていません。
レビトラは用量が多いほど強くペニスを勃起させることができます。
最初は少ない用量から試すと、体に大きな負担をかけずに済むのでおすすめです。レビトラは空腹時に服用すると約20分でペニスが勃起し始めます。
正しい服用方法を守れば、安全にED治療ができます。

レビトラの血中濃度は服用後40分から50分で最大となります。
性行為の1時間ほど前に水かぬるま湯で服用するのが一般的です。
少量のアルコールで服用することもできます。ただし過度にアルコールを摂取すると酩酊状態を招いて性行為を困難にするので注意が必要です。
また服用後は血管が拡張されて酩酊しやすくなるため飲酒を控えます。
EDは精神的・身体的な原因によって起こります。ペニスをスムーズに勃起させるためには、気分をリラックスさせることが重要です。

レビトラには5mgと10mg、20mgの3種類があり、主に10mgか20mgが使用されています。
もともとレビトラはドイツの製薬会社が開発したものなので、体格が小柄な日本人は10mgでも十分にペニスを勃起させることができます。
有効成分のバルデナフィルは血管を拡張して血流を促進させます。
血管が拡張されると血圧が低下するので、軽いめまいを生じる場合があります。また脳の血管が拡張されると、周辺の神経を刺激して軽い頭痛が生じます。

バルデナフィルは血流を促進するため頭部や鼻の粘膜、消化管が充血すると目の充血や顔のほてり、鼻づまり、消化不良などが見られます。
めまいや頭痛、目の充血などは基本的に軽く、数時間経過すれば回復します。長時間続く場合は医師への相談が必要となります。
めまいなどは用量が多いほど強くなるので、最初は少ない用量から試すのが合理的です。

関連記事