• ホーム
  • レビトラを個人輸入で購入するにはどうすればいい?

レビトラを個人輸入で購入するにはどうすればいい?

色々な薬

レビトラは個人輸入代行サイトを活用することで、自宅に取り寄せることが可能です。
代行会社を介することで海外の販売元と自力交渉することなく、通常のネット通販と同じように購入できるわけです。
個人輸入の代行会社は数多くありますが、偽物を購入しないためにも信頼できる会社を選んでください。
大手老舗会社は本物保証を設けており、安心して購入できるでしょう。
本物と偽物は素人の目で違いを判断することが困難ですし、公式サイトに本物の写真掲載をしながら偽物を販売している会社もあります。

運営年数の長い大手の個人輸入なら安心して購入できますし、送料無料・安心梱包などのサービスも用意しています。
1箱単位だと価格が高額になりますが、これは送料込みとして計算されているためです。
個人輸入では7箱までまとめ買いできるところが多いので、次回からまとめ買いするのがおすすめです。
最初は1箱から試して、次回の購入を決めるのがよいでしょう。
レビトラの病院処方を受けた方なら、本物かどうかすぐに判断できるはずです。

通常のネット通販ではレビトラの販売はしていませんし、ドラッグストアや薬局にも置いていません。
現在における購入ルートは病院処方と個人輸入しかありません。
個人輸入はネット環境があればパソコン・スマホから購入でき、梱包はED治療薬だとわからないようにしてくれます。

価格は病院処方と比べて10%~20%程度安くなり、まとめ買いをすれば1錠1200円台くらいから購入できます。
病院処方だと1500円以上は当たり前で、平均的な価格は1700円くらいです。

レビトラの本物と偽物の違いは素人目では判断できないので、最初から信頼できるサイトを活用してください。
個人輸入のサービスはつい最近になって登場したと考えている人が多いですが、実際はかなり昔から存在しています。
運営年数の長い会社は安全性が高いですし、事業規模も相当に大きくなっています。
個人輸入を利用する際にはサイトの口コミも確認しておくと安心です。

レビトラの本物と偽物の見分け方とは

レビトラの本物と偽物を見分ける方法ですが、個人輸入の場合写真で掲載されたものと全く異なるレビトラが届くことが多々あります。
過度に写真を信用してはいけませんが、通販サイトなどでは複数枚写真を撮っているところがありますので、そこから購入した方が信頼度が高いです。
違いとしてはまず正規品と比べるとサイズが一回り大きいです。
意図的に成分を多く入れることで効用が出たと利用者に勘違いさせて常連客にすることが偽物業者の目的の一つなので、病院などで正規品を手に入れておいて注文したレビトラが届き次第チェックしましょう。

また、溶け方が異なるのもポイントです。
正規品と比べて早く溶けるものはその分レビトラの中に含まれる成分が少ない裏付けになります。
その分値段が圧倒的に安い傾向にあるので、注文する前に不信感を抱いたらその商品は判断材料から外した方が良いでしょう。
色やロゴが違うのも見分ける一つの方法です。正規品と比べてロゴマークだけでは判断が付きません。
偽物業者もそこは神経を使って作っているので、全く同じということも多々あります。

そんなときは色の濃淡やロゴマークが印字されている角度などを参考に総合的に判断します。
そしてパッケージに書かれている説明で用量があまりにも多かったり少なかったりするようでは偽物の可能性が高いです。
中に入っている成分は劇的に異なることはまずないので、買う前に疑いましょう。
口コミ情報も大事にした方が良いです。良い口コミと悪い口コミ両方を見て、書かれている情報に偏りがないか確認します。
これによりなりすましのコメントを見分けます。
あとは実際に少量買ってみて確認するほか有りません。捨てても良いように低い金額で買いましょう。

関連記事
  • 考える男性
    レビトラの正しい服用方法とは 現在日本では3種類のED治療薬が認可されていますが、レビトラはその中でも2番目に認可を受けています。... 2018年04月28日
  • たくさんの薬
    シアリスの成分とその効果 世界で最も新しいED治療薬シアリスは世界100カ国以上で使用されている薬で、これまでの使用者は100... 2018年06月24日
  • 病院のロビー
    バイアグラの成分とその効果 世界にはもっとさまざまなED治療薬があり、日本でもあと2つ承認されているにも関わらず、最も知名度が高... 2018年05月25日
  • 病院の椅子
    レビトラの効果の特徴 レビトラは、国内2番目に認定されたED治療薬です。 ドイツに本社を置く企業で、製造や販売を行っていま... 2018年04月01日